CINEMA作品紹介

UNHCR WILL2LIVE ムーブメント

難民の生き抜く意志。
その強さを、伝えたい。

♯生き抜くチカラ ♯WILL2LIVE

詳細は後日公式HP、SNSで発表します。
お楽しみに!

おしらせNews

  • 学校パートナーズ:千種区若者サポーター/名古屋経済大学市邨高等学校SDGs有志メンバーにより、パートナーズ上映会を開催(2月12日)
    2月12日に、千種区若者サポーター/名古屋経済大学市邨高等学校SDGs有志メンバーが中心となり、『難民キャンプで暮らしてみたら』の上映会が開催されます。本作品は、紛争から逃れ、トラウマを抱えながらも、自分にできることを見出し、平和を求めて懸命に生きる一人ひとりの「隣人”Neighbor”」の姿を収めたドキュメンタリーであり、原題にある”Salam”とは、アラビア語で「平和」という意味を含むあいさつ […]
  • 学校パートナーズ:順天堂大学国際教養学部主催で学校パートナーズオンライン上映会を開催(2月12日)
    2月12日に、順天堂大学国際教養学部主催で『難民キャンプで暮らしてみたら』のオンライン上映会が開催されます。 紛争から逃れ、トラウマを抱えながらも、自分にできることを見出し、平和を求めて懸命に生きる一人ひとりの「隣人”Neighbor”」の姿を収めたドキュメンタリー。原題にある”Salam”とは、アラビア語で「平和」という意味を含むあいさつの言葉。2人のアメリカ人青年の映像制作チームは、シリア難民 […]
  • 学校パートナーズ:広島市立大学主催で学校パートナーズオンライン上映会を開催(2月13日)
    2月13日に、広島市立大学主催で『女を修理する男』のオンライン上映会が開催されます。 2018年にノーベル平和賞を受賞した、デニ・ムクウェゲ医師の命がけの活動を追ったドキュメンタリーです。暗殺未遂にあいながらも、医療の力だけでなく、命がけの活動によって、性暴力や迫害に苦しむ人々の心を奮い立たせている姿が心を揺さぶり、私たちにできることを考えるきっかけになる作品です。また、映画上映前には、同大国際学 […]
  • 【UNHCR WILL2LIVE ムーブメント2021】創価学会平和委員会の自主上映会開催
    2021年1月13日に、創価学会平和委員会においてWILL2LIVE Cinema2019で上映された『僕の帰る場所』の自主上映会が開催されました。 『僕の帰る場所』は日本に住むミャンマー人一家の姿を描いた作品。東京のの小さなアパートで暮らす母親のケインと幼い2人の兄弟。入国管理局に収容されている夫アイセに代わり、ケインは一人家族を支えていた。日本で育ち、母国語を話せない子どもたちに慣れない日本語 […]
  • 【お礼】募金つきオンラインシアター UNHCR WILL2LIVE Cinema 2020(11/1~12/24)
    募金つきオンラインシアター UNHCR WILL2LIVE Cinema 2020にご参加いただいた皆様、この度は、募金つきオンラインシアター(11/1~12/24)にご参加いただき、誠にありがとうございました。映画の中で示された逆境を生き抜く1人ひとりの力強さから、多くのメッセージを受け取られたことと思います。    募金の御礼とご報告皆様のご参加によりお預かりする […]

♯WILL2LIVE
♯生き抜くチカラ

UNHCR WILL2LIVE ムーブメントについてAbout UNHCR WILL2LIVE Movement

UNHCRは(国連難民高等弁務官事務所)、持続可能な開発目標(SDGs)が掲げる“誰一人取り残さない”世界の実現のために、難民や国内避難民、無国籍の人々が取り残されることのない世界を目指しています。しかし、紛争や迫害で故郷を追われた人の数は、7000万人を超え、今も増え続けています。
新型コロナウイルスの感染危機が拡大するなか、「大切な人を守りたい」という気持ちは、故郷を追われ、厳しい環境下で避難生活を強いられている難民・避難民も同じです。
自分の力ではコントロールできないような逆境にあるとき、わたしたちは喪失感や孤独、疎外感を感じがちです。でも同時に危機的な状況だからこそ、互いを思いやり、体験を分かち合うこと、人とつながることが、わたしたちを強くしてくれます。
難民・避難民は、このような状況をよく知っています。祖国での迫害や、生死をかけた避難の過程を生き抜き、乗り越えてきた人たちだからです。

UNHCRの日本における公式支援窓口である国連UNHCR協会は、困難な時だからこそ、1人でも多くの方に難民の「生き抜く意志」の力強さを知ってもらいたい、そんな思いで「UNHCR WILL2LIVEムーブメント」を企画しました。
「難民=逆境を生き抜く意志を持ち、困難を乗り越えようとする人」として捉え、日本の市民社会に共感と支援の輪を広げていくためのムーブメントです。
「世界難民の日」(6月20日)には、ともに感染の危機に立ち向かう仲間として、難民・避難民を新型コロナウイルスから守るための支援を呼びかけてまいります。

UNHCR WILL2LIVE ムーブメントは
様々な企業、団体様にご賛同、ご協力いただいています。

(掲載はアルファベット順)

♯WILL2LIVE
♯生き抜くチカラ

2020年イベント一覧

【終了】
募金つきオンラインシアター
UNHCR WILL2LIVE Cinema 2020

開催期間 2020年6月20日~8月31日


【終了】
世界難民の日 特別配信
UNHCR WILL2LIVE Music 2020

配信期間 2020年6月20日~8月31日

ヤフーネット募金バナー
日本最大級の寄付プラットフォーム「Yahoo!ネット募金」では、難民を新型コロナウイルス(COVID-19)感染症から守るための、募金活動を実施しています。https://donation.yahoo.co.jp/detail/250010

主催
特定非営利活動法人 国連UNHCR協会

協力
国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所

パートナー
独立行政法人 国際協力機構

国連UNHCR協会はUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の公式支援窓口として広報・募金活動を行っております。
www.japanforunhcr.org
< 主催 >
特定非営利活動法人 国連UNHCR協会
特定非営利活動法人 国連UNHCR協会
< 協力 >
国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所
国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所
< パートナー >
独立行政法人 国際協力機構
独立行政法人 国際協力機構