募金つきオンラインシアター UNHCR WILL2LIVE Cinema 2020

難民に焦点をあてた映画を世界中から集め、2006年より毎年「UNHCR難民映画祭」を開催してまいりました。
これまでに上映した作品は約240作品、10万人の方々にご来場いただきました。
この度、過去に上映した作品から6作品を選りすぐり、期間中何度でも視聴していただける「募金つきオンラインシアター」を展開いたします。

「難民」は、逆境を生き抜く強い意志を持ち、困難を乗り越えようとする人たちです。映画を通じて、難民となった人たちの人生にぜひ触れてください。人々のつながりこそが、困難を生き抜く支えと力になっていることを教えてくれます。

※2019年より「UNHCR難民映画祭」という名称を「UNHCR WILL2LIVE Cinema」に改称しました。

【主催】
特定非営利活動法人 国連UNHCR協会ユナイテッドピープル株式会社
【協力】
Peatix Japan株式会社

【視聴期間】
2020年6月20日(土)~8月31日(月)

【料金】
6作品が期間中見放題(6/20~8/31)
参加申し込み時に下記料金よりお選びください。
2,000 円(視聴料2,000 円)
3,000 円(視聴料2,000 円、難民のための匿名募金1,000 円)
5,000 円(視聴料2,000 円、難民のための匿名募金3,000 円)

※お申し込みいただける方は日本在住の方に限ります。
※上記料金はユナイテッドピープル株式会社が受領します。匿名募金分は後日国連UNHCR協会へ振り込まれ、国内での難民問題の啓発活動に役立てられます。
※料金に対する領収証は、Peatixの個人管理画面よりダウンロード可能です。
https://help-attendee.peatix.com/ja-JP/support/solutions/articles/44001821741
※匿名募金に対する国連UNHCR協会からの領収証発行はございません。国連UNHCR協会は匿名募金に対する個人情報は保持いたしませんので、ご参加いただいた方へ個別の領収証発行となりませんことをご了承ください。

【参加申し込み受付期間】 
2020年6月20日(土)8:00~8月29日(土)23:00

【参加方法】

1.お申込みページのPeatixで情報を入力し、クレジットカードで料金の決済をしてください。(以下にある水色のリンクバナーをクリックすると、お申込みページに遷移します)
2.お申込み翌営業日にユナイテッドピープルよりメールでログイン情報、パスワードをお送りします。

通常金曜日にお申込みの場合、翌週の月曜日にログイン情報を送信します。ただし祝日がある場合、 7/22(水)のお申込みは7/27(月)に、 8/7(金)のお申込みは8/11(火)にログイン情報をお送りいたします。  


募金つきオンラインシアター 作品紹介

(それぞれのページへ移ります。)

flyer_sonita-min
タリバンから逃れるためアフガニスタンから難民としてイランへ逃れた少女ソニータ。テヘランのシェルターで教育を受ける彼女の将来の夢はラップ・ミュージシャン。だが祖国に住む親は兄の結婚資金を得る為にと、彼女に政略結婚を命じる。そもそもイランでは女性がソロアーティストとして活躍する事も出来ない。それでも夢を捨てきれない彼女の運命を変える出来事が起きる。・・・
unhcr.will2live.jp
flyer_女を修理する男
コンゴ民主共和国出身の婦人科医、人権活動家デニ・ムクウェゲの姿を追ったドキュメンタリー。ムクウェゲ医師は第2次コンゴ内戦以来続く戦禍の中でレイプ被害にあった数多くの女性を治療し、彼女たちの精神的なケアと啓発活動にも人生を投じた事が評価され、2014年にサハロフ賞を受賞した。カメラはムクウェゲ医師と彼を支える人々、レイプ被害者の女性たち、そして・・・
unhcr.will2live.jp
flyer_アレッポ最後の男たち
シリアの街アレッポは今日もまた昼夜を問わず爆撃が続く。そこには人々が逃げ惑う中、誰よりも早く瓦礫の中から生存者を救うため、爆撃地に向かう男たち「ホワイト・ヘルメット」の姿が。戦闘機が再び攻撃を仕掛けて来るかもしれない中、人々の命を救おうとする男たち。だが彼らにも守るべき家族がいる。自らの命を懸け、家族を危険にさらしてまで、そこに留まるべきか否か―。
unhcr.will2live.jp
flyerナディアの誓い
2018年のノーベル平和賞の受賞者、ナディア・ムラドは過激派組織ISISによる虐殺と性奴隷から逃れた23歳のヤジディ教徒。彼女は、普通の女の子として生きたいという思いがありながらも、残された同胞のため、国連などの国際的な表舞台でヤジディ教徒が直面する現実を訴える。やがて、同郷の人々の希望の存在となっていく。彼女は当事者として国連初の人身売買の被害者らの・・・
unhcr.will2live.jp
flyer_難民キャンプで暮らしてみたら
2人のアメリカ人青年の制作チームが、シリア難民が暮らすヨルダンのザータリ難民キャンプでの滞在を許可された。キャンプ内のテントで1カ月生活し、テントを建てたり配給に並んだりする難民の日常生活を体験。 「隣人」たちとの日々の交流から見えてきたのは、トラウマを抱えながらも、自分にできることを見出し、平和を求めて懸命に生きる一人ひとりの姿だった。・・・
unhcr.will2live.jp
アフガニスタンの平和をテーマにした作品がタリバンの怒りを買い、その首に懸賞金をかけられた映画監督のハッサンは、妻と2人の娘たちと故郷アフガニスタンを逃れることを余儀なくされる。映画監督として、時に出演者として、ハッサンは携帯電話だけを手に、タジキスタン、トルコ、ブルガリアを経て、安全な場所を求めてさまよう一家の命がけの旅を記録していく。・・・
unhcr.will2live.jp

同時開催

困難な時だからこそ、1人でも多くの方に難民の「生き抜く意志」の力強さを知ってもらいたい、そんな思いで「UNHCR WILL2LIVE Music 2020」を企画しました。 新型コロナウイルス(COVID-19) が世界的な感染危機が拡大しています。
unhcr.will2live.jp

ヤフーネット募金バナー
日本最大級の寄付プラットフォーム「Yahoo!ネット募金」では、難民を新型コロナウイルス(COVID-19)感染症から守るための、募金活動を実施しています。https://donation.yahoo.co.jp/detail/250010
国連UNHCR協会はUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の公式支援窓口として広報・募金活動を行っております。
www.japanforunhcr.org
ユナイテッドピープルは「人と人をつないで世界の課題解決をする」をミッションに、 SDGsに関連する社会課題をテーマとした映画の配給や制作を行っています。誰で も映画の上映会を開催できる「cinemohttps://www.cinemo.info/」を運営してい ます。
unitedpeople.jp

<ユナイテッドピープル株式会社プライバシーポリシーはこちら>